人気ブログランキング | 話題のタグを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
柏融展始まりました
at 2021-06-18 22:52
福永明子HP
at 2021-06-18 21:59
at 2021-04-26 01:41
端(はた)さんのコラム
at 2021-04-19 21:24
個展の動画がアップされました!
at 2021-04-15 20:10
画像一覧


入梅‥?

入梅‥?_e0105782_19374004.jpeg
関東梅雨入りとか言ってたくせに、暑い。もう夏って言っていいと思います。
紫陽花もカラカラで可哀想。霧吹きしながら描いてます。

軽めの介護生活も早一ヶ月が過ぎ、絵画教室も今週から再開して、すっかり怠け癖のついてしまった心と体を叩き起こさないといけません。
この自粛期間は、集中して花のスケッチに勤しむことができて、家事もそれなりに楽しんでやってたし、なかなか楽しかったです。
フリーランスの芸術家はさぞ大変でしょうとよく言われるのですが、むしろ美術家は時間が出来て喜んでいると思いますね。お金はもともと無いですし。

本当に今回のコロナ禍は、人類にとって一大転換をもたらしたと思います。
それぞれの国で、それぞれの人が、色んなことを考え直さなきゃいけなかった。
このこと自体がある意味、神様がくれたプレゼントかもしれません。
良し悪しという概念すらもう意味をなさなくなり、ただただ感謝に向かう以外ないように、これから宇宙は進んで行くような気がしています。

第二波が冬にはおそらく来るでしょう。
それでも大丈夫な人類に、これからなっていくしかないのでしょう。
だってウィルスは宿主がいなければ増殖できないのですから、本来は宿主を殺す目的はないはずで、宿主である人間がウィルスを殺そうとするから最後のアガキに出るのだと理解しています。
風邪で薬を飲むことなく2日で治る私の、これはなんとなくの直感です。

何事も敵対視することが破壊の元。
また意外にも、正義感というのも破壊の元。
これからそれが顕著になっていくのでしょうね。

和の時代への礎を、和の国の人が、和の心で実現する。
日本画という和の技法で、和の作品を、和の心で描く。
そういう日本人になれるように、日々精進です。



# by acco_gluck | 2020-06-12 20:30 | Painting | Comments(0)

母不在の26日間

母不在の26日間_e0105782_18575963.jpeg
今日は母の日ですね。
姉からのお花(なんとプリン付き)が今日届きました。

おかげ様で、母が一昨日5/8に退院しました。
この日は母の79歳の誕生日でした。
(この日は両親の結婚記念日、何年かに一度は母の日とトリプルだった)


ステロイド投薬治療の経過は良好で、17日目の4/29に退院と言われていたのですが、前日から副作用の発疹が広がって退院が延期になり、塗り薬で様子を見て、連休を挟んで5/8に皮膚科を受診後に判断をするということで、退院は未定のままでした。
塗り薬が効いて発疹は治まってきた本人は誕生日に退院する気満々で、私はどうなっても対応できるように準備を怠りなく進めました。

面会は出来ないものの、洗濯物や届け物を窓口経由でやり取りして、病院の吹き抜けロビーから5階の母に手を振り合うためだけに、ほぼ毎日病院に通いました。
毎日5時に私が来ることを楽しみにしていた母の、治る励みになればと頑張りました。それも家から車で5分の病院だったからできたことですね。

同室の認知症の方々に囲まれて、メールの見方が分からないなど日に日に色んなことが分からなくなっていく母を見ていて、私は、1日も早く日常生活に戻してやりたい、そしてコロナ院内感染のリスクから解放したい、という思いが強くなっていきました。

とにかく免疫が落ちて感染症が命取りになるので、家中の大掃除とカビ除去に二週間。
プラズマクラスター空気清浄機も買いました。
手すり増強、風呂場の補修など、手指が筋肉痛になるほど、めっちゃDIYな日々。コロナ自粛生活はタイミング良かったです。

かくして5/8、皮膚科の受診が午後になり、退院の話が一向に出ないので、キレた私が母にナースステーションに行って話をするように勧めると、内科の医師の判断を仰ぐことができたようで、私がいつものように洗濯物を持って出かけたところで医師から電話があり、いつでも退院して結構ですと。
じゃあ今日退院してもいいんですか?と言ってみると、すんなりOKが出ました。

こうして希望通り無事に誕生日に退院することができ、帰りにはスーパーで好きな食材を買って、ご馳走を作ってあげました。
筋力と脳みその劣化に驚きましたが、普段の生活こそリハビリだと思うので。

リビングに置いた介護ベッドも気に入った様子。
まるで親子逆転の、これまでとは違う介護生活が始りました。
母のいない期間に、家事をソツなくこなしながら制作もするという生活が板についたのは良かったです。
苦労を苦労とは思わない私の本領を発揮し、これからの親孝行のラストチャンスを感謝で務めあげたいと思います。

そんな中で生まれる作品たちがどんな変化を見せるのか、私も楽しみです。

# by acco_gluck | 2020-05-10 20:20 | Living | Comments(0)

唐突すぎる

母、今日入院しました。

なんとコロナの影響で、家族も退院まで面会できない。
洗濯物とか届け物とかも窓口経由のみ。

ステロイドと免疫抑制剤を使っていく治療になるので、感染したらアウト。
そりゃそうだわ。と思うけど、いやー、聞いてないよ。
唐突に、永の別れかもしれない可能性があることに気付かされて、帰ってきてから号泣した。

反りの合わない母娘だったけど、もっと優しくしてあげればよかった、とか。
もしもの事があったら、もう後悔しかない。

とにかく、何週間か後に無事回復して元気に戻ってきて欲しい。
そしたらうんと優しくしてあげるから。
唐突すぎる_e0105782_19560685.jpeg

# by acco_gluck | 2020-04-13 19:56 | Living | Comments(0)

主婦業

桜の写生もひと段落。描きたい花が蕾をつけて嬉しい反面、少しもの悲しい春。
人々に見られなくても、花々は咲いてくれる。その姿を描き留める日々です。
主婦業_e0105782_20453725.jpeg
緊急事態宣言が出されて2日。
今月は、キッズ教室に続き大人の教室も休講になったので、ほぼ家にいる私は、あんまり普段と変わらないんですが、あちこち休業休館のニュースが出始めて、リアルに緊急事態の様を呈してきました。

家から見える渋滞はスーパーの買い出しですかね。昼間行っといてよかった。

最近、主婦業もこなしています。
というのも。。

どんどん劣化していく母を、もう一度病院に連れていったのは3月末。
3月初めに受診した時、鉄剤を飲んで様子をみましょうと言われていたのですが、手足の血流の悪さがただごとではなく真っ白だし、日に日に認知機能も運動機能も衰えて、どうも普通の老化とは違う。

そこで三週間ぶりの血液検査で、さらに炎症を示す数値が悪化していたため、脳梗塞と膠原病の検査も追加でお願いし、今週結果を聞きに行ってきました。

なんと、膠原病の一種、顕微鏡的多発血管炎という病気(疑い)でした。
わかりやすく言うと、毛細血管の炎症ですね。
腎臓や肺に影響が出やすいらしく、認知機能の衰えもその影響かもしれない。
土曜日だけ来る膠原病専門医をあさって受診し、治療が始まると思われます。

まあ、原因がわかって良かったです。
病院行くことでコロナ感染のリスクもありますが、そんなこと言ってらんない。
早期に治療を始めることが重篤化を防ぐらしいので。

家事は好きなんで全然苦じゃないんですが、制作に集中しづらいのは事実。
そして、今まで没頭させて貰えてたこと、ありがとうございます。
私が心の底から感謝できるように、全ては起こったのかもしれません。

少しでも元気になって、個展に向けて制作に没頭させてくださいよ、母。

--------------------------

4/11 追記

今日受診し、やはりこの顕微鏡的多発血管炎 確定。
月曜日からの入院が決まりました。
新型コロナウィルスがもっと柏の街に蔓延してきたら、今は患者を受け入れていないこの病院にも何かしらの余波が来ることは必至。どうなるのかはわからないけど、やるなら今しかない。

ステロイドと免疫抑制剤を使っていく治療になるので、感染したらアウト。
でも逆に、通院より感染のリスクは少なくて済むのかもしれません。

この病気で現在二人入院していて、一ヶ月経ってもまだ寛解していないそう。
この病気は内臓に異変が起きてから気づいて治療開始が遅れることがほとんどだそうで、福永さんは早期にわかって良かったですねと言われました。
はい、私が異常に気づいてネットで調べまくりましたからね。
それでも3週間くらいはかかると予想。

色々大変になりますが、私としてはオンオフがしやすくなるのでいいかなー。
生き伸びようぞ、母!


# by acco_gluck | 2020-04-09 20:46 | Living | Comments(0)

謙虚に

コロナコロナと騒がしい、自粛だらけの今日この頃。
先月末からキッズ絵画教室もお休みになり、いつにも増して制作三昧の日々です。

昨年秋に手の骨折の手術を受けた母が、今月ボルトを取り外す手術をする予定だったのですが、足腰と認知機能が日に日に衰え、もはや再手術どころではなくなり、無期延期としました。
階段の手すりをつけたくて、介護認定のための診察や問い合わせに奔走しましたが、かかりつけ医がいないことで難航し、結局Amazonで手すりを買って自力で設置しました。我ながら器用!
謙虚に_e0105782_23300586.jpeg
事前に知り合いの大工さんに壁の内部をみてもらったら、階段の外側の壁は柱がほとんどなかったため、階段の内側に縦に設置して、滑り止めテープを貼りました。
余った手すりを玄関や廊下にも付けられたし、かえってよかったかも。余った端材はトイレにつける予定。

母の再手術と春の写生ラッシュに備えて、小品の制作に勤しんでいましたが、この自粛期間も重なって、私としては集中できて嬉しいです。

暖冬のせいで全てのお花の写生が前倒しになりそうなので、気持ち準備。
例年は3月の終わりに咲くうちの椿がもう結構咲いてますが、少し花が小さい。
去年も全てのお花が小さくて少なくてかわいそうでしたが今年はどうなんでしょうね。
冬の寒さが足りないことは、必ず植物に影響が出ると思います。

これまでの地球とはきっと変わっていくのでしょう。
世界も日本も、自然も経済も人々の価値観も。
生き方や考え方を大きく転換していく必要があるのかもしれません。

今回のウィルスは、人類への警告だという気がしてなりません。
謙虚な想いでこの現状ときちんと向き合い、楽観せず正しく恐れる。
恐怖からは何も生まれない。
今ここに生きていることへの感謝から。

そんな気持ちで、絵を描いていこうと思います。



# by acco_gluck | 2020-03-08 00:11 | Living | Comments(0)