人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
滝汗の夏 柏の夏
at 2019-07-29 01:14
福永明子HP
at 2019-07-28 23:57
ムクドリ大家族との生活
at 2019-06-07 22:02
アトリエ
at 2019-05-17 21:17
今年の桜
at 2019-04-07 18:49
画像一覧


<   2019年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ムクドリ大家族との生活

3月下旬のある朝、ピヨピヨという鳴き声で目が覚めた。
寝ている私と壁一枚隔てた、雨戸の戸袋から聞こえる。

私の寝ているベッドは窓に接しているので、常に雨戸を閉めっぱなしにしていて、明かり取りのために少しだけ開けてあったのだけど、どうやらその少しだけインしている雨戸の鉄板を階段がわりにしているらしき、親鳥の爪の引っ掻く音も。

日の出とともに、餌を採ってきた親鳥の爪の音と、我れ先にと欲しがる雛たちのヒステリックな合唱。
初めはピヨピヨだった声は、日毎に低く大きくなっていく。
この頃から寝るときに耳栓をしないといられないようになる。

様子を見たいけど窓を開けたら巣は壊れてしまうので、音だけで窺い知るのみ。
寒さで凍え死んでないかと思っていたある日、母が雨戸を開けてしまい(巣が壊れるとは思わずただの好奇心で)、心配したが声はするので大丈夫そうだった。

いつ巣立ってくれるのかと心待ちにしていた、5月中旬のある日。
産まれたてのピヨピヨが、またしても聞こえるじゃありませんか!

孵化第二弾? ってか孫? っつーか別世帯?
明らかに餌をやる親鳥増えてるし!音で察するに雛の数も半端ない。

日に日に増していく音量。耳栓してても煩いので高性能のをポチる。
巣の真下に停めてる白い愛車もフンだらけ。臭いも部屋の中まで漂うし。
ついにベッドをアトリエに移動。アトリエを他所で借りてて良かった。

最初は生き物は大切にね〜なんて微笑ましい感じだったけど、睡眠不足とストレスで体調悪くなるし、ダニを発見してブチ切れた日、業者さんに撤去を依頼。
が、ネットで調べたら、野鳥保護法とやらで無理な撤去はできなくて、巣立つまでは手出しできないと知り、ええい、もう存分に育ってくだされ!と観念した。

そんな私の波動を感じ取ったのか。
6月始め、鳴き声で目覚めることなく、久々に昼まで寝て気づいた。
あれ?もしかして、巣立った?
翌日も快眠から目覚め、静かなのを確認し心の中でガッツポーズ!
祝・巣立ち!🎉

即、業者さんに電話。
梅雨の始まりを告げた今日、巣の撤去をして頂いた。
e0105782_21240674.jpeg
e0105782_21232537.jpeg
業者さん撮影。お椀型の巣かと思いきや、戸袋全体に敷き詰められた藁。
何世帯住んでたんだ〜。
一度いっぺんに親鳥を5羽見たから、少なくとも3世帯はいたよね。

掃除機や高圧洗浄機で綺麗になって除菌もしてくれて、やっと一安心。
本当にありがとうございました!

雨漏り修理でお世話になった便利屋ホームサービスさん。
首都圏一帯OKらしいので、何かお困りの事があったらご紹介します。


今回産まれた雛たちが大人になって里帰り出産しないように、来年の春はバリケードを忘れないようにしよう。

雨戸を閉めっぱなしにしないで、日光で起きる生活をすればいいっていう、結局はそれですね。はい、がんばります。

さてっ。制作に集中です!


by acco_gluck | 2019-06-07 22:02 | Living | Comments(0)