人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
ムクドリ大家族との生活
at 2019-06-07 22:02
アトリエ
at 2019-05-17 21:17
福永明子HP
at 2019-05-17 20:44
今年の桜
at 2019-04-07 18:49
はや一年
at 2019-03-19 01:28
画像一覧


<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バセドウ

土曜日の明け方、例のごとく眠れずにPCいじりをしていて、ふと鏡を見てみると、あら?喉の下の方が膨らんでる?と気づいた。

これ、もしや甲状腺というヤツでは?

6年前にバセドウ病と診断された妹が、去年うちに来た時に「これでも小さくなったんだよー」と言って見せてくれたのとおんなじ喉をしていた。

「甲状腺 腫れる」で検索すると、バセドウ病の症状がほぼ合致している。

暑がり、疲れやすい、だるい、体重減少、微熱
目つきがきつい、白目の充血、甲状腺腫大
イライラ感、落ち着かない、集中力低下、不眠
動悸、頻脈、心房細動、むくみ、息切れ
食欲亢進、口渇、軟便、排便回数増加
発汗、脱毛、かゆみ、皮膚が黒くなる
脱力感、筋力低下、手のふるえ、月経不順、
コレステロール低下、血糖上昇、血圧上昇、肝障害

2年前の夏に受けた健康診断で、予想に反して、肝臓のGPT数値だけが高く、その時は「気にするほどじゃありません」と言われたので気にしていなかったが、低すぎるコレステロール数値も含め、このとき既に兆候は現れていたようだ。

2006年5月      2010年7月      2011年6月
e0105782_14503011.jpge0105782_1451147.jpge0105782_14445235.jpg









元々、女性にしては喉仏が大きい方だが、喉の下の方にご注目。
原発事故の影響かとドキドキしたが、その前から腫れ始めているのが分かる。

ここ最近、異常な食欲で、食べても食べても痩せるわ、
心拍が早くて大きく、ベッドで地震かと思うと自分の拍動だったり、
3月に心当たりがないのに円形脱毛症になり、抜け毛も多いわ、
足がむくんで痺れたりして、座骨神経痛は整骨院で治ったがまだむくんでるわ、
手が震えて直線が上手く描けないわ、
しゃがんで立ち上がる時に、手を膝にあてないと立てないわ。

ほんとにここ数日だけでいきなり痩せてきて、疲れやすく、どんなに寝不足で疲れた日も全然寝付けず、その分起床が困難になり、先日は大事な仕事で大遅刻という失態を犯したばかり。
さすがにこれはおかしいと感じていたところだった。

月曜日の朝頑張って起きて予約の電話をしたが、糖尿病の患者の多い内分泌科は月曜が混むようで、その日の予約は一杯。火曜日の予約をした。

すぐに先生は「典型的なバセドウだね〜。この夏辛かったでしょう」と。
ええ、ほんとに滝汗で辛かったです。
バセドウは、緩やかに始まって、放物線を描くように進むらしい。

妹も罹患している事から、遺伝なのは間違いないそうで、極度のストレスがきっかけで発症するらしい。

「この感じだと3〜4年前から始まってるね」という言葉を聞いて、私の人生で最大で唯一の大ストレスと言ったらアレしかない、と思った。
…日本橋のシャッター。

始めのうちは楽しんでやっていたが、完全に体内時計が壊れてしまい、1作目から辞める辞めると言いながら、4作目で限界を迎えた。
そこで引退したつもりだったのだが、都と区から補助金が出たことで大々的なプロジェクトになってからの最後の2作は、断れないという理由だけで、自らを叱咤して、肉体と精神を苛め抜いていたように思う。
今思えば、3ヶ月半かかった最後の1作の時には、手が震えたり、椅子からコケたり、身体の異変の兆候はあった。

それでも得たものはとても大きいし、後悔はしていない。
私自身が選択して決定して実行したことだから。


リウマチやアトピーなど、免疫が自分の細胞を敵と見なして攻撃してしまう病気は、想念的に自分を責めたり嫌いだったりする人がなると聞いたことがある。

私は自分を嫌いではないが、己の中にSとMが同居しているのは自覚している。
他者の介在のない、自己完結の人というか。

病気は不幸じゃなくて、人生を肯定して全てに感謝するチャンスだと思う。
しかも、絵が描けて、普通に生活できる病気。
なんてラッキー♪ と思おう。

--------------------------------------------------
追記 9/28

不治の病みたいに書いてしまいましたが、薬飲んでれば押さえられる病気。
先生の早い方がいいというご配慮で、初診のときに心臓のバクバクを押さえる薬と、血液検査のデータが届く翌々日の昨日にはバセドウの薬をすぐ処方してくれて、飲み始めています。

お蔭様で心拍数と血圧は正常値近くに落ち着き、楽になってきました。

ただ私の場合、甲状腺機能を押さえすぎると逆に、橋本病(甲状腺機能低下症)になる可能性もあるとのこと。
これから3週間に1度ずつ検査しながら、薬の量を調整していきます。

今まで薬は嫌いだったけど、そうは言ってられない病気なので、薬のいいところだけを頂戴するという想いで、有難く戴くことにしました。

そして、信頼できる先生が柏にいてくれて、本当によかったです。
by acco_gluck | 2012-09-27 16:21 | Living | Comments(2)

奇跡の15分

今日は、柏の某所にて内輪のライヴペインティングショー。
久しぶりのSちゃんのピアノ弾き語りとのコラボでした。

1週間前くらいに、ふとイメージが降りてきました。
宇宙に満ち溢れる光の波動と、ガイアの愛。
そのイメージを伝えると、Sちゃんにも素晴らしい曲が降りていました。


その愛で育まれた私たちであるにもかかわらず、この地球を穢し続け、憎しみあい、争い続け、青く輝く地球を黒い波動で覆い尽くさんとしている。
e0105782_0284549.jpg
地球に住まう私たちにできること。
それはきっと、大宇宙の一部である自覚の下に、赦し合い抱き合う心になる事。

青い地球のままでいられるかは、今を生きる私たちの双肩にかかっている。
それが出来たらきっと光が降り注ぐ。
e0105782_0212814.jpg
「祈り」。Sちゃんが作った曲。
黒一色だった絵に、様々な青の絵の具をボッテリと点在させてから、画面上で掌で混ぜていくと、突然地球が現れる。
その瞬間、私も見ている人も鳥肌が立つくらい、感動的にこの曲が始まった。

皆さんとても感動してくれたけど、私たち二人が一番感動したかもしれない。
まさに「描かされる」&「弾かされる」感覚。

ガイアの愛と祈りに包まれた15分間。素晴らしい体験でした。
e0105782_0464686.jpg

by acco_gluck | 2012-09-18 01:04 | Painting | Comments(0)

小津和紙展示

e0105782_0433322.jpg

今日から始まりました。
今年で3回目となった、小津和紙2F通路での小品展示。

昨日は朝10時まで描いて、キャプション作りなどの諸準備、1時間仮眠して搬入。

なんだかんだ忙しく(主にオリンピック観戦など!)、ちゃんと腰を据えて描けたのは8月中旬からだったけど、半月間集中して我ながらギリギリまでよく頑張った。

人物2点、花5点(1点は去年作)の計7点です。
日本橋界隈にお出かけの際は、ぜひお立ち寄り下さいまし。
2Fに行っても分からない人が多いらしいんだけど、小津ギャラリーの右側の通路を奥に進んだ場所です。
e0105782_172580.jpg

小津本館ビルは来年免震工事をするらしく、小津和紙店舗が2Fに、ギャラリーと教室が8Fに移転するそうです。
1年半かけて、地下階の柱を一本ずつ切断して免震構造にするらしいです。

首都直下型地震への備えは、ここ最近あちこちで耳にするようになりました。
私も去年の今頃準備した非常用バッグとトランクの中身を入れ替えないと。

いつなんどき何が起こっても冷静に行動できるように、日頃の備えを怠らないことが、大難を無難にするんだと思います。
by acco_gluck | 2012-09-02 01:23 | Painting | Comments(0)