人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
4ヶ月
at 2019-09-01 00:55
福永明子HP
at 2019-08-31 14:59
滝汗の夏 柏の夏
at 2019-07-29 01:14
ムクドリ大家族との生活
at 2019-06-07 22:02
アトリエ
at 2019-05-17 21:17
画像一覧


<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ライヴ!その2

この日記のカテゴリはMusicです。

道具と絵を車に積んで、一葉記念館を慌ただしく出発した私は、一路、常磐道を時速120kmでぶっ飛ばし、水戸へ向かった。

44MAGNUMの、まさかのライヴハウス関東ツアー!
千秋楽の目黒鹿鳴館は、抽選にはずれる可能性もあると思い、水戸のチケットも取っておいたのだ。

初めて行く、小さなライヴハウス。
開場40分遅れで着いたけど、都内とは違い、まだガラガラで2列目をキープ!
「こんな間近でマグナムって...いいの...?!」
Madbeaversでも、こんな近くで観れたことないのに。

メンバー登場〜!!! うそ、マジ!めっちゃ近い!
80年代そのままに、自分も10代に戻って大はしゃぎ(一人で)。
やっぱ、サイコーのロックバンドやー!
ボーカルのポールは若年生パーキンソン病なので(ライヴ中は全く気にもならないけど)、それを思いやってか、時間は1時間少しと短かったのだけど、客も同じく若くはないので(笑)。

汗びっしょりの服を着替えて、極寒の中、出待ちなぞしてみた。
大好きなドラムのJOEの握手をもらって(目見てくれたキャー♪)、車をお見送り。
と、そこでふと、常磐道を一緒に走ってみたくなり、発車を見送らずに自分も車を出そうと思い立つ。
駐車場で清算をしていると、メンバーの乗った車が、目の前を走り去った。
あわああああぁぁぁぁぁ!急げば追いつくかも!

他のメンバーとは別のポールの車に追いつき、しばらく後ろを走った。
が、つくば辺りではぐれてしまい、諦めて柏の手前の守谷サービスエリアで食事。そういえば、朝から何も食べていなかった。

親友にメールなどしながら30分ほど休憩して、車に戻ろうとしたその時。
見覚えのあるナンバーのワゴン。ん?
「あああっ!メンバーの乗ってる車!」
と気づいた瞬間に、機材車と一緒に発車して行った。
急いで車に乗ろうと走ったが、パニクって自分の置いた場所がわからない!
よ〜く考えると、メンバーの車の隣りに停めていたのであった。。。

なんということでしょう(ビフォーアフター風)。

あと5秒早ければ、ドアを開ける私のすぐ横にJOEがいたはずなのですぅ(泣)。

ま、この残念な感じも、私らしくていいかな、と。

そんな濃いい1日のお蔭で、翌日は14時間も爆睡しまして、そしてこんな時間まで眠れないわけです。
はい、すっかり朝です。寝ます。
by acco_gluck | 2011-02-22 06:02 | Music | Comments(2)

ライヴ!

一葉記念館でのコラボライヴ、無事終了しました。
ギタリストの高谷秀司さん、VocalのERIKOさん、ありがとうございました。

私の今回のコンセプトとしては、樋口一葉の人となりよりも「作品」について描きたかった。
ものを創る人にとって、作品が総てだと思ったからです。

私が「にごりえ・たけくらべ」を読んで一番印象に残ったことは、「日本人の良心」でした。
本来私たちが持っている、他者を思いやる心。それは大和心と言っていい。
そして、一葉が14ヶ月の間に残した優れた作品全てに敬意を表したかった。

通常、刷毛や手などでただ塗っていく絵の具を、今回は字で塗っていきました。
(じつは書道が得意。習ったことないけど)
大つごもり、たけくらべ、ゆく雲、うつせみ、にごりえ、十三夜、わかれ道。

真っ黒になった画面に、私が作品中で一番感動した一節を白い字で書いた。
「引き出しの分も拝借致し候 石之助」
これは「大つごもり」という作品の最後、主人公のお峯が引き出しの中のお金を止むなく盗んでしまった罪を、黙ってかぶった放蕩息子が書き残したメモ。

言葉というものは残らない。
残るのは、言霊という目に見えない、言葉の中に存する魂と心だ。

「たけくらべ」のラストに、そっと置かれた水仙の花。

一葉のことを歌ったERIKOさんの歌「花火」に合わせて、夜空に花火が浮かび上がる。

出来上がった絵は、時間が足りなくて自分的にはかなり不本意なのですが、その行程にこそ意味があるので、まあ良しとしよう。
e0105782_4453224.jpg
↑終了後、ERIKOさんと。
e0105782_4463162.jpg
↑一葉記念館の前で高谷さんと。

そして、このあと私は、44MAGNUMのライヴを観に、水戸へと向かう!
by acco_gluck | 2011-02-22 04:56 | Painting | Comments(0)

夢の銀座、夜の新橋

今日は、先日の展示で、「ダリア」という作品をお買い上げいただいた銀座柳画廊さんに、絵の納品に行かせて頂きました。
まさしく「お嫁に出す」感覚。

あれよあれよと言う間に、これから作品を扱って頂けることになりました!
有難くも!勿体なくも!
「号○万円」の世界の入り口に入ることになりました。

ああ、本当に、出会いというものは不思議であります。
日本橋で、シャッター浮世絵を引き受けたことから、すべてが始まりました。
めぐりの会の川崎さんの御蔭様です。身に余る、たくさんのご縁を戴きました。
このご恩を私は、決して忘れてはなりません。

本当にありがとうございます‥!!!!!


その後、3日後に控えたライヴペイントの打ち合わせのため、新橋まで歩く。
サラリーマンで溢れる駅前。喫煙所の煙が、蒸気機関車の煙にも見える。

ギタリストの高谷さん(文学研究者でもある?)に誘われて、初のコラボです。
テーマがしぼられているこういったコラボは初めてなので、不安ではありますが、今日の打ち合わせで、だいぶアイディアが浮かんできました。

ERIKOさんとは、ロック話で花が咲いたしw
いいイベントになりそうです。

---------------------------------------------------
 樋口一葉特別講演
「絵にほだされた音 と 音にほだされた絵」
〜生きながら文体に葬られた樋口一葉の美学と奇跡の14ヶ月〜

 2/20(日) 14:00〜16:00(?)
 台東区 一葉記念館 http://www.taitocity.net/taito/ichiyo/

*出演 : 高谷秀司&福永明子 Special Guest : ERIKO(Vo)

日本を代表するブルースギタリスト・高谷秀司と、繊細なタッチと鋭敏な感覚でアートを描ききる画家(?)福永明子がコラボする。
樋口一葉の生涯・人生観を、江戸と明治の時代背景をからめ紹介する語りと音、絵画のインスタレーション。
樋口一葉をテーマにした歌も、ヴォーカリストERIKOにより披露される。
これまでにない講演が、台東区立一葉記念館で開催される。
---------------------------------------------
乞うご期待!
by acco_gluck | 2011-02-18 02:00 | Painting | Comments(0)

絶賛(笑)開催中

e0105782_22123079.jpg
e0105782_22125077.jpg
小津和紙での展示、はや半分経過しました。残すところあと3日です。

「江戸の歌川広重 vs 平成の若手日本画家 橋の絵対決」と題された今回の展示。
御蔭様で、ご好評いただいております。

私の描いた日本橋は、橋、というより、橋の中央にある麒麟像の絵です。

重要文化財であるこの橋の上を、平行な空をのぞかせて、近代文明の象徴である首都高速道路が覆う。
麒麟は、飛翔を表しているのに、これじゃ飛び立てないよ。

という、ちょっと皮肉めいた動機で描こうと思いたったのですが、描いていくうちに、ネガティブな感情よりも、「parallel skyからround skyになったらいいな」というポジティブな思いになっていきました。
そして、高速道路移設計画が検討される中で、現在のこの風景も10年先20年先には「過去」となるのかもしれない、と思ったら、空色で消しきることもまたできませんでした。

何十回と塗り重ねた岩絵の具とともに、たくさんの思いが詰まっています。

6号の人物画も、たくさんの方にお誉めいただきました。
モデルのSちゃんの御蔭様です。どうもありがとう♪


あ、明日10日は、レセプションのため、夕方5時までとなりました。
予定してくださっていた方がありましたら、申し訳ございません。
by acco_gluck | 2011-02-09 23:08 | Painting | Comments(0)

いよいよ明日から

e0105782_18492582.jpg
明日から5人展「バーサス日本橋」です。

2/7(月)〜12(土) 10:00〜18:00(初日は12:00〜、最終日は16:00まで)
小津ギャラリー 中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル2F (小津和紙の2階)
TEL : 03-3662-1184

私は日本画5点+トレシー原画1点を出展します。
一応、毎日在廊予定です。
が、早起きは苦手なので、よろしく!

初日搬入は徹夜ってのが常ですが、今回なんか早く終わってしまった。
逆に起きれるか心配!
by acco_gluck | 2011-02-06 18:50 | Painting | Comments(0)

トレシー

e0105782_229209.jpg
ついに発売されました。形になると嬉しいもんですね。
東レの眼鏡拭き「トレシー」東京ご当地バージョン、日本橋です。
他には、浅草 雷門のもあります。

ハガキサイズで、裏面は宛名が書けるようになっていて、そのまま投函できる、お土産にはうってつけの、ワンコインで買える商品。

日本橋三井タワーB1Fの「東レショップ」、コレド室町にある「日本橋案内所」で販売しています。

7日から始まるグループ展「バーサス日本橋」に、同じく日本橋の絵を描いた満尾洋之くんと私の原画も、商品とともに展示します。

メガネをかけている方もかけていない方も、日本橋架橋100年記念にぜひ!
by acco_gluck | 2011-02-05 02:46 | Painting | Comments(0)