S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
謹賀新年 と頚椎症その後
at 2019-01-04 22:07
福永明子HP
at 2019-01-04 20:59
続・掲載のお知らせ と頚椎症
at 2018-12-25 17:15
掲載のお知らせ
at 2018-11-25 21:03
個展終わりました
at 2018-11-12 19:45
画像一覧


<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イヴの夜

24日は、柏二番街で似顔絵の出店をしました。クリスマスデートのカップルとか来るかな〜って。
でも、案外街は普段通りで、例年の浮かれた感じが少ない気がしました。
う〜ん、不景気、ですなあ〜。

クリスマスって、北欧の冬至のお祭りが変化したものだそうです。だいたいキリストはエルサレムの人ですし。トナカイとか雪とか、考えてみればおかしいですもん。
ってなわけで、毎年クリスマスは普段通り過ごします。

仕事を片付けて、私は一目散にチャリを飛ばし、家へ。
「あの戦争は何だったのか」という番組を観るためです。
ビートたけし演じる東条英機を中心に、あの戦争がどうして起こったのか、という、ドキュメンタリーとドラマで構成された番組でした。

素晴らしかった!

天皇は、決して戦争を望んでいなかった。世界はハラカラ(兄弟)だと。
それを忠実に守ろうと、本当は外交で解決したかった東条英機が、軍部を押さえきれず、やむなく出した結論は、外交が成功しなければ開戦、というものでした。
それを天皇陛下に報告する時に、号泣した東条。日本が提示する条件をアメリカが呑むわけがなく、この決定が、み心に反した、戦争を意味していると、報告しながら悟ったからだそうです。

真珠湾攻撃を、暗号解読によって事前にアメリカは知っていたが、アメリカ国民のヴォルテージを上げるために、日本に先制攻撃をしかけさせたのです。
しかも海軍を率いる山本五十六は戦争に反対だったが、早く終わらせるためだけに、この作戦をやむなくとったのです。

こういうことを、どれだけの日本国民が知っているのでしょうか。

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、この辺でやめておきます。

なぜこんな大事な番組を、世の中が浮かれたこの日に放送するかな〜。
もう一回といわず何度でも、子供たちが観れる日に再放送してくれないものか。

アメリカに国土こそ支配されなかったものの、精神的に支配され尽くしてしまった現代の日本人が、一番知らなきゃいけないことなんじゃないかと思うのです。
by acco_gluck | 2008-12-27 04:08 | Thinking | Comments(7)

Madbeaversライヴ

久々にライヴ日記です〜。
e0105782_214292.jpg

半年ぶりのマドビ in 下北沢。

いつものことですが、「あ〜、楽しかった!」としか言えない、語彙の少なさ。
だって、その言葉しかないんだもん。でもそれって凄いことだと思うのです。
この三人が生み出す「俺ら楽しいぜ」の波、卓越したテクニックと音への拘り。
いい意味で力の抜けてきたキヨシの、激しさの奥にある穏やかさ。
これらに触れることで、私も頑張ろうといつも思うのです。

一人汗だくで楽しみまくりーの、吹き荒れる風で身体冷えーの、出待ちーの。

キヨシのピックと、ジョーの握手は、ミーハーなファンとしてではなく(ほんとか?)、第一線の素晴らしい方のパワーを分けていただいた物として、大事にしたいと思いますっ!
by acco_gluck | 2008-12-22 21:55 | Music | Comments(0)

雨と銀座と日本橋

今日は、最高齢の絵描き仲間、佐藤さんの個展を観に、銀座に行ってきました。
葛飾区で大きなアクリル板を買う用もあったので、車で。
銀座はやっぱ、電車のがよいですね008.gif057.gif 迷うわ、P高いわ。

佐藤さんは、エンジニア職を退いてから、お好きだった油絵をコツコツと続けられ、私たちがモナイゾでやっていたクロッキー会で一緒に絵を描いていました。
父より年上だっていうのに、ヒップホップが好きだったり、私たちと違和感無く打ち解けてくれたり、全然年の差を感じさせない素敵な方です。

佐藤さんの幼少からの親友・戸嶋靖昌画伯がお世話になっていたという清澄画廊さんで、素敵な時間を過ごさせていただきました。
故郷の秋田の風景画がたくさんあり、温かい波動でいっぱいになっていました。
佐藤さんにとって、故郷と戸嶋氏はイコールなのだそうです。

そして、清澄画廊の田中さんが惚れ込んだという、戸嶋氏の秘蔵作品を見せて頂くチャンスに恵まれました。
肉筆作品からしか発せられない凄いエネルギーを感じながら、田中さんが言った「この絵は、興味のない人には2〜3万の価値しかないかもしれないが、僕にとっては100万円の価値がある」という言葉が、ものすごく胸に響きました。

私もいつか、そう言ってもらえる絵を描きたい!

本当に来てよかったと思いました。

その足で、最近柏から日本橋に引っ越したお友達(こちらも60才女性)の家へ。
目がパチクリしそうな瀟洒なマンション。都心中の都心ですが、彼女にとっては生まれ故郷なのです。
おばあちゃんの看病に通う道すがら、日本橋の公園で「生まれたところで死にたい」と思ったのだそうです。


私は、これからのことを、帰りの車の中で考えていました。
私の故郷。
画家としてどこに向かうのか。

ただコツコツと、描きたい絵を描いていくしかないのですね。
by acco_gluck | 2008-12-10 01:36 | Painting | Comments(2)

展示終了。そして反省。

代官山での展示「COLORS @ HILLSIDE FORUM」が終わりました。

今回、主催の方からお誘いいただいて、なんとなく参加させていただいた展示でしたが、搬入以来、昨日初めて訪れて、まずパーティーの来場者の多さに面食らい、そして、出展アーティストのみなさんの、与えられたスペースいっぱいに溢れんばかりの意気込みに触れ、初めてこの展示の意義を悟りました(遅い!)。

それに比べて私ったら、2点の絵がそっけなく飾ってあるだけで。
ああ、もったいないことしたなあって。
今日になって、ポートフォリオ(作品ファイル)を置きましたが、あとの祭り。
e0105782_23475885.jpg

個性的な面々の中で、私と、隣りのコモダさんだけが日本画でした。
二階のその一角だけが異次元空間になっていました。まあ、いい意味で(笑)

毎日在廊していた彼女の作品はやはり、本気さが伝わってきました。
ずいぶん年下なんだけど、真摯な制作姿勢は、仕事に追われてなんとな〜く歳を重ねてしまった私にとって、すごく刺激になりました。

柏で、井の中の蛙に、いつのまにかなっていたなあって。反省。
ちゃんと絵〜描こう。
本気でそう思いました。
ずいぶんご無沙汰してる公募展も、来年は出そうと決意しました。

今日の最終日は、ファミリー向けのイベントがあり、私は似顔絵を描かせて頂きました。主催の方の関係で、インターナショナルスクールの幼稚園の子供たちが大勢。
超カワイイってば!
作品よりも似顔絵のほうが好評なのは、なんとなく複雑な感じだけど、やっぱり似顔絵、好きなんやろね私は。

<余談>
今日観に来てくれた友人が、このあと共通の友人が渋谷でやってる個展に行くと言うのを、「よろしく伝えて〜」なんて見送ったあと、搬出を終え、車で走り始めると、すぐ渋谷の文字が。
ふと「行ってみっか!」と思いつき、急ハンドル〜。パーキングに停めて、電話で道を聞きながら歩いていくと「『やまがた』って飲み屋があるから」と言う。
「飲み屋で個展?!」と思いながら「やまがた」の中を覗くと、どう見ても絵なんか飾ってる様子なし。
すると、また先に「山形」が。こっちか〜って入ろうとしたら、またしてもアートの気配すらなし。そしたら、そのビルにgalleryがあった。
怪しげなビルの階段を上がり、そこでも間違えて雀荘に入ろうとした私。

これさ〜、ヤバイ?
by acco_gluck | 2008-12-01 01:05 | Painting | Comments(0)