S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
謹賀新年 と頚椎症その後
at 2019-01-04 22:07
福永明子HP
at 2019-01-04 20:59
続・掲載のお知らせ と頚椎症
at 2018-12-25 17:15
掲載のお知らせ
at 2018-11-25 21:03
個展終わりました
at 2018-11-12 19:45
画像一覧


<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

絵を描いていく私

最近、とっても忙しい。というか、これからとんでもなく忙しくなりそう。

展示やお仕事のお話が立て続けに決まりまして、自分でもビックリしています。

展示は、ギャラリーではなくお店なんですが、
・柏サンサン通り イタリアンレストラン「Modern Times」 7/1〜。
・柏そごう本館向かい金子ビル2F カフェ「カルディー」 10/1〜10/31。


そして、昨日決まったお仕事が、東京日本橋〜京橋界隈の老舗のシャッターに広重の絵を描くという、たいへん興味深い企画。
まず最初に描かせていただくのが、京橋の刃物の老舗「西勘」さんで、6/4から現場入りすることになりました。
あまりにトントン拍子にお話が運んで、企画された「日本橋めぐりの会」の川崎さんもビックリされていました。

日本橋は、私が生まれた街。
生まれてすぐ柏に引っ越しましたが、祖父母の家があった頃は度々遊びに行ったものです。
先週、母校の京都造形芸術大学の東京事務局からお話をいただいた時、迷わず「何かのご縁だ」と思い、お引き受けしました。

そして昨日お話をお伺いして、ますます深い縁(えにし)を感じました。もう感じまくりです。
お江戸日本橋と京都を結ぶ、東海道五十三次。
私は、その「東の都」と「西の都」のどちらとも深い関わりがあり、初めに描かせていただくのが、なんと五十三次のラストである「京都」なのです。
広重の絵を見て、そこに描かれている愛宕山を見たとき、なんとも言えない懐かしさというか愛着というか、不思議な感覚になりました。

打ち合わせが終わってから、川崎さんの案内で、老舗の画材屋「有便堂」さんと、紙の老舗「小津和紙」さんに連れて行っていただき、大興奮でした。


そのあと一人で、生家のあった水天宮近くに行ってみました。
もう町並みはすっかり変わってしまいましたが、幼い頃のおぼろげな記憶をたどって歩いていくと、免許証に残る本籍の住所とは違う番地。
東京大空襲で奇跡的に焼け残ったこの一角で、今も残る古い洋館の歯医者さんと、一つの路地を見たとき、間違いないと思ったんだけど、おかしいなあ。と写メを撮っておいた。

e0105782_1932087.jpg
e0105782_19334190.jpg


本籍の住所の場所に行ってみると、どうも違う感じ。ちょうど出会った方が古くから住んでいらっしゃる方で、お話を聞くことができた。そしたら、やっぱり番地が変わったということだった。

そのあと出会ったお婆ちゃんもやはり古くから住んでいる方で、「お風呂屋さんか写真屋さんの旦那なら何か知っているわよ」と教えてくれた。
写真屋さんと話し込んで夜になり、クタクタになって、実家に寄ってみた。

父に話すと、「今は全然番地が変わったぞ」と言って、教えてくれた番地は、最初に私が嗅覚だけでたどりついたその路地のことだった。
写メを見せるとやはり当たっていた。

スゴーイ! 猫みたい!

でも、本籍が全然違う場所になってるなんて、今回初めてわかったんだけど、なんだか悲しいなあ。


とりあえず、最近、目まぐるしく何かが動いています。
縁によって、全ての方と出会い、全てのことが成り立っているんだと、深く感じざるを得ないこのごろ。
精一杯のことをさせていただこうと思っています。
by acco_gluck | 2007-05-23 16:32 | Painting | Comments(9)