人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Akiko Fukunaga [Diary]
by acco_gluck
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2024年 03月
2024年 02月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 07月
2022年 04月
2022年 01月
2021年 11月
2021年 08月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
蒼天 大阪茨木へお嫁入り
at 2024-03-27 16:16
福永明子HP
at 2024-03-11 16:15
個展「ひのもと」無事終わりました
at 2024-03-11 16:14
個展「ひのもと」
at 2024-02-18 22:54
個展制作ひと段落
at 2024-02-05 23:43
画像一覧


イヴの夜

24日は、柏二番街で似顔絵の出店をしました。クリスマスデートのカップルとか来るかな〜って。
でも、案外街は普段通りで、例年の浮かれた感じが少ない気がしました。
う〜ん、不景気、ですなあ〜。

クリスマスって、北欧の冬至のお祭りが変化したものだそうです。だいたいキリストはエルサレムの人ですし。トナカイとか雪とか、考えてみればおかしいですもん。
ってなわけで、毎年クリスマスは普段通り過ごします。

仕事を片付けて、私は一目散にチャリを飛ばし、家へ。
「あの戦争は何だったのか」という番組を観るためです。
ビートたけし演じる東条英機を中心に、あの戦争がどうして起こったのか、という、ドキュメンタリーとドラマで構成された番組でした。

素晴らしかった!

天皇は、決して戦争を望んでいなかった。世界はハラカラ(兄弟)だと。
それを忠実に守ろうと、本当は外交で解決したかった東条英機が、軍部を押さえきれず、やむなく出した結論は、外交が成功しなければ開戦、というものでした。
それを天皇陛下に報告する時に、号泣した東条。日本が提示する条件をアメリカが呑むわけがなく、この決定が、み心に反した、戦争を意味していると、報告しながら悟ったからだそうです。

真珠湾攻撃を、暗号解読によって事前にアメリカは知っていたが、アメリカ国民のヴォルテージを上げるために、日本に先制攻撃をしかけさせたのです。
しかも海軍を率いる山本五十六は戦争に反対だったが、早く終わらせるためだけに、この作戦をやむなくとったのです。

こういうことを、どれだけの日本国民が知っているのでしょうか。

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、この辺でやめておきます。

なぜこんな大事な番組を、世の中が浮かれたこの日に放送するかな〜。
もう一回といわず何度でも、子供たちが観れる日に再放送してくれないものか。

アメリカに国土こそ支配されなかったものの、精神的に支配され尽くしてしまった現代の日本人が、一番知らなきゃいけないことなんじゃないかと思うのです。
by acco_gluck | 2008-12-27 04:08 | Thinking | Comments(7)
Commented by れんくみ at 2008-12-27 13:34 x
イヴイヴとイヴ・そしてクリスマスは神戸でした。やはり神戸はカップルのたまりばです。震災のあとすぐから、復興にいたるまでっっっっず〜っと神戸のクリスマスをカップルの似顔絵とともに過ごして来ましたが、不況風をまったく感じさせない幸せな若者たちの溜まり場でした。でも、そういべば去年・おととしに比べて『東京から・・』『名古屋から・・』っていうカップルは少なめだったかもしれません。・・・というわけで連日夜中ニ時にすぎにホテルに帰宅で、そのテレビは拝見出来なかったのですが、最近息子が、先の世界対戦についての話し、湾岸線争の話、そして昭和天皇など皇室のをよくするので息子が拝見してたら、きっといろんな意見をもっただろうな〜って。3年前くらいに全文を書きうつした日本国憲法と翌年に書き写した大日本帝国憲法をとても大事にしています。
いっぱいになったので二便目に続く
Commented by れんくみ二便目 at 2008-12-27 13:44 x
とくに現憲法については、天皇制や皇室典範についてもとても尊敬し大事に思ってます。武器の所持や侵略についてとやかく言われる現代ですが、日本人のだれもがもしかしたら、先の第二次世界対戦を望んでいなかったのかもしれない・・なんて思います。きっと日本人の国民性(精神性ってうか・・)がいらない戦争を引き起こしてしまったんだ・・と思います。私の世代(戦後生まれ高度成長時代育ち)は、第二次世界大戦の本質を知らずに(あえて教わらなかったのかもしれないですね)生まれ育って来ましたが、これからの息子たちの新しい世代は、戦争と平和の真意について正しく理解し、教えていかないと、また間違った歴史が繰り返されるかもしれませんね。クリスマスのおびただしい数のカップルのなかこどれだけ。平和について考えているだろうと思いました。でも・・たくさんのシアワセをおすそわけしてもらって、心も身体もものすごく元気になって帰ってきましたがネ。
平和息子は、クリスマス前に買ってあげたキーボード(全く習ったことはないのですが)に夢中で受験(戦争??)に対抗しキーボードとアイポッドとパソコンでの音楽編集?で平和なクリスマスを過ごしたらしいです。滋賀は大雪で〜す
Commented by あっこ at 2008-12-29 01:55 x
さすがれんどうさんの息子さんですね〜。ひと味違う。

私は、戦争は反対だけれど、戦後のアメリカの日本骨抜き化政策や、訳もわからず憲法改正反対を叫ぶ左派には、異を唱える右寄りの平和主義です。
皇室典範は変えてはいけないと思っていますし(理由を語るととんでもなく長くなってしまう)、9条はつじつまが合うように変えなきゃいけないと思ってます。自衛のない国なんかありえないし、改正したからって、愛国心の意味すらわからない今の日本に、戦争ができるわけがないんですよ〜。

私の足りない言葉より、「あの戦争は何だったのか」保阪正康 を読まれたほうがいいかもしれません。ぜひ!
Commented by あっこ at 2008-12-29 02:19 x
追記です。
このドラマで描かれていなかったことは、その開戦までの経緯なんです。
欧米が世界各地を植民地化していた当時、絶対それには屈しない!という誇りの所以と、あの戦争の要因となった日中戦争のことです。
未だに侵略と進出でもめてますけど、実際、日本は満州国で「制圧」ではなく「和合」でもって、理想郷を作りたかったんです。
あの当時、陸軍内部で広まったという、遥か古代から伝わる古文書「竹内文書」の存在が大きいようです。解釈の仕方に問題があったと思いますが。
機会があれば、それについても読まれるといいかもです。
Commented by れんくみ at 2008-12-29 09:45 x
お忙しいのに丁寧なお返事をありがとう。
きっとその本は彼にとって、とても読みたい本だと思います。
(試験の小論文が不得意なので、いくら私の大好きないい小説を何冊勧めても趣味があわないのですよ〜)。
そして、わたしも彼の『○○についてどうおもう?』攻撃にちょこっとで意見ができるように、そんな書籍にも触れてみたいと思います。
ちなみに、関係ないけど、彼は『こちら葛飾亀有・・・・??』のマンガ(亀有のドコモ行かはったっていったらうらやましがるやろうね)も大好きで、本棚にずら〜〜〜り数十冊が並んでいます。
元気でいい新年をお過ごし下さい。
私も、このお正月はいったん名古屋は休憩です。
Commented by あっこ at 2008-12-29 20:28 x
名古屋、あれ以来行ってませんが(苦笑)、なくなったわけではないんでしょうか?
亀有はいつも通るけど立ち寄ったのは初めてで、駅前に、こち亀のゲンさん(でしたっけ?)の銅像がありましたね。
良いお年を〜!
Commented by あっこ at 2009-01-23 10:59 x
色々な意見があることはもちろん承知ですが、ここは掲示板ではありませんので、私が不適切と判断したコメントは削除させていただく場合がございます。ご了承ください。
<< 年越し Madbeaversライヴ >>