人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Akiko Fukunaga [Diary]
by acco_gluck
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2024年 02月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 07月
2022年 04月
2022年 01月
2021年 11月
2021年 08月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
福永明子HP
at 2024-02-25 23:53
個展「ひのもと」
at 2024-02-18 22:54
個展制作ひと段落
at 2024-02-05 23:43
共晶点 for M 終わりました
at 2023-11-15 16:50
能舞台鏡板製作の動画アップ
at 2023-11-02 14:20
画像一覧


とても嬉しいこと

今日は柏二番街いしどビル前で似顔絵でした。
毎週土曜日のテナント出店もだいぶ定着してきました。

今日はなんだか嬉しいことがたくさんあったのです。

最初のお客さんは成人の娘さんとお母さんの二人描きで、「新聞によく出てる方ですよね。どこに行ったら描いてもらえるのかと思ってた」と言われ、見ててくださる方はいるんだ〜と、とっても嬉しくなりました。

そのあと、順番待ちをしてくれていた赤ちゃん連れの若いご夫婦に、「お待たせしました、どうぞ〜」と声をかけると、見覚えのあるお顔。去年の柏まつりで描かせていただいた赤ちゃんでした。
結婚前?から私が柏まつりで描いているのを見ていて「子供が産まれたら絶対描いてもらおう!」と決めていたそうで、生後2ヶ月のその子を描かせていただいたのでした。
すごく感激したので覚えていたのです。

「じつはお願いがあって」と言われお話を聞くと、今度5月に初めてのお誕生日を迎える赤ちゃんに、アルバム風の絵本をプレゼントしたい、とのことでした。
アルバム仕様の画用紙ブックの見開き左ページに、写真をもとに私が絵を描き、右ページにはご夫婦が文章を書かれるというもの。
とっても素敵なアイディアに感動し、似顔絵描きというより、イラストレーターとしてお受けしました。

お帰りになってから、丁寧に構成されている中身を拝見しました。
文章はまだ書かれていなかったのですが、最初のページだけメモが挟まっていました。

最初のページは、ご自身で描かれる予定らしい、雲の浮かんだ空でした。

その雲のところから、私たちのところへ降りてきてくれた。
ありがとう。

そんな文章でした。
気づいたら、私の目には涙があふれていました。

本当に天上界から降りてきたんだろう、この女の子の幸せと、その子が望んでこのご夫婦のもとに生まれてきたんだろう、ご夫婦の幸せを、そして限りない慈しみと愛情を深く感じました。
なんてすてきなお仕事をいただいたんだろう。

人が生まれるってことが、いかに尊いのか。
私もそうして両親のもとに生まれさせていただいた。

ありがとう。
「有ることが難しい」がもともとの意味のこの言葉。
つくづく噛み締めた一日でした。
by acco_gluck | 2007-04-22 02:19 | Painting | Comments(6)
Commented by SPECIAL博士 at 2007-04-23 09:19 x
自分が感動できるほどの仕事と出会えてよかったね

お客さんを感動させてきたから、自分が感動できる物と出会えたんだろうね
Commented by れんくみ at 2007-04-24 17:30 x
そうなのです!私も子供さんの似顔絵の神髄はそれだと思ってるの。毎年遠方から滋賀まで子供の絵を描くのを楽しみに来て下さる方々、年一回のイベントでは、『家に毎年の分、並べて飾ってます』っておっしゃってたのに、数年たって見えなくなったと思ったら、『息子は思春期で・・もうついて来てくれなくなりましたよ・・』と今度はその御夫婦がかわりに席に座っていただくとか・・。いろんなドラマがいっぱいいっぱいあって。
子供はほんとうにどんな宝物より貴いものです。存在してくれてる事自体が、自分の年輪を刻む事と同じだけすばらしいこと。いつまでもそんな『ありがとうの初心』で、いろんなファミリーをちらっとのぞいていみたいものですね。GWもお仕事三昧?私もそうです。6月になったらちょこっとノンビリ『東京にもあったんだ〜』を探しにいこうとおもっています。がんばってね!いつも応援してます。
Commented by あっこ at 2007-04-25 01:36 x
>博士
いつも片付け手伝ってくれて、どうもありがとう!
この日、この喜びを一番に聞いてもらったんだよね。
ほんと「この仕事やっててよかった〜」と思ったなあ。

>れんどうさん
いつもこんな時思い出すのは、京都タワーに遊びにきてくれた時の、お腹の大きい連藤さん。(その子がもう中学生なんだもんね〜。)
母となる前の凛とした美しさを、眩しく羨ましく思ったことを、今も鮮明に憶えています。

私もお祭りでは、毎年似顔絵を描いている子がほとんどですが、もちろん生まれてからのことしか知らなかったわけなんです。
今回、この体験を通して、普段感じていた喜びの、さらに奥を知ったというか、自分が生まれてきたことの奇跡をも感じ取ることができて、本当によかったと思っています。
産んでくれてありがとう、お母さん。

そして本当に、いつまでも初心を忘れずにいたいものですね。

東京にいらっしゃることがあったら絶対お会いしましょうね!
Commented by れんくみ at 2007-04-26 10:41 x
またいつか、ふくながさんのすばらしい絵をじかに拝見させていただきますね。
きのうは、ひさびさに仕事帰りに京都駅ビル屋上にのぼり(昇りは伊勢丹から直結してます)階段を下りました。田舎の野生児の例の息子は、京都は空気が悪くて好きではないらしいのですが、この駅の階段は大好きで幼い頃は何度も立ち寄らされました。最初はひっぱって連れてあげた階段もいつのまにか同じ速さになり、そして追い抜かれ6年生のクリスマスに最後に二人で行ったときは、とうとう必死にかけのぼる息子をエスカレーターから冷やかしながめる・・でしたものね。。
違和感の甚だしかった京都駅ビルも少しづつオモイデを増やしながら、みんなのこころのの奥になじんでいくのかもしれませんね。
またね
Commented by 若い夫婦です。 at 2007-05-01 12:24 x
昨日は大変素晴らしい絵本をありがとうございました。
帰ってから親戚、家族に見せましたところ、一同感動の嵐でした。
特に主人はあまりの素晴らしい出来映えに泣いて喜んでました。(本当です。)
先生が描く絵は人物そっくりなのは当たり前なのですが、何より温かみが伝わる絵なのです。親が見ても、絵なのに実際の我が子のように愛おしく思えるほどです。
我々夫婦にとっても、そして娘にとっても、一生の大切な宝ものになりました。
こんな素晴らしい贈り物を娘にプレゼントする事ができて、とてもとても嬉しいです。
お忙しい中、無理なお願いを快くお引き受け下さり、言い尽くせない程の感謝と御礼を申し上げます。
これからも、事あるごとに娘を描いて頂きたく思っております。
昨日一緒に描いて頂いた、甥っ子達も大感動しておりました!!
本当に本当に素晴らしい作品をありがとうございました。
Commented by あっこ at 2007-05-01 23:41 x
わ〜!コメントありがとうございます!

ご主人泣いちゃいましたか!そんなに喜んでいただけたとは。こちらこそほんとに嬉しいです!

私もむすびちゃんの成長を描き続けられることが、この上ない幸せになることでしょう。
これからもよろしくお願いします。
<< 写真モデル体験 ドッペルvol.7終了 >>