人気ブログランキング | 話題のタグを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2021年 08月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
野十郎さん
at 2021-08-05 10:57
柏融展始まりました
at 2021-06-18 22:52
福永明子HP
at 2021-06-18 21:59
at 2021-04-26 01:41
端(はた)さんのコラム
at 2021-04-19 21:24
画像一覧


13日間にわたる銀座柳画廊個展「かしごころ-和心-」が終了しました。
ご来廊くださった皆様、応援してくださった皆様、そして銀座柳画廊の野呂社長・副社長・社員の皆様、まことにありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

個展初日の4/12、蔓延防止等重点措置とやらが発出。
東京は恐ろしいところという刷り込みがなされたようで、行きたくても行けないとおっしゃる方がとにかく多かったのですが、まあ来たい方はどうしたって来るでしょうと思っていました。お蔭様で、たくさんの方にお越しいただきました。

そうして会期が終わっての緊急事態宣言。
ラッキーでしたねと言われましたが、私にはわかっていました。この期間は絶対に大丈夫だと。なぜなら天命だからです(笑)。
桜の大作「蒼天」に込めた、生きる悦びが四方八方に拡がれー!という祈りが天に届かぬはずがない。みたいな根拠のない自信がありました。

その意を共有してしまえる小川紗綾佳さんの音楽と相まって、多くの方が感動してくださり、涙を流される方もしばしば。
見えないものが見える紗綾佳さん曰く、画廊に光が溢れていたそうです。
光_e0105782_22360216.jpeg
作曲してくれた小川紗綾佳さんと

光_e0105782_00105758.jpeg
光_e0105782_00112412.jpeg
この蒼天を挟んだ50号の「blue sky」と10号の「clover」の二点は、対の作品となっていました。
光_e0105782_00153942.jpeg
光_e0105782_03341004.jpg
この桜の下で、涙も枯れて、絶望と希望がない混ぜになった心持ちで青空を見上げる。幸せになるはずだったのに。。瞳に映るのは、蒼。

ひとしきりポカンとしたあと、ふと横を見ると目の前には四つ葉のクローバー。
光_e0105782_00160821.jpeg
幸せは、追い求めるものじゃなくて、気づくもの。

あるお客様にそのことを話すと、素敵な解釈をして下さいました。
「これは、お能でいうと、前シテと後シテね」と。

私は詳しくは語れませんが、わかりやすく言うとお能の演目の前半の主役(シテ)は救われる前、後半は救われた後、みたいな感じらしいです。
能舞台の鏡板(かがみいた)の松は、春日大社の影向(ようごう)の松に春日大明神が降臨したことに由来し、芸能の神様の依代(よりしろ)であると、京都で鏡板の製作をした際に学びました。
シテの救いは、その神様によるものであると。

だとすると、この「蒼天」の桜はまさしく鏡板の老松ではないか!
さらに紗綾佳さんの音楽は、謡(うたい)そのものではないか!!
えっ、じゃあここは能舞台?!

「蒼天」は確かに、そんな依代として描いたものだったので、それが形となっていたことに我ながら驚いてしまいました。


幸せは、すぐそばにある。
この日本に生まれて、今生きていることの有り難さ。

そんなプラスのエネルギーで地球が満たされることを願って、これからも私は絵を描き続けていきたいと思います。



by acco_gluck | 2021-04-26 01:41 | Painting | Comments(0)
<< 福永明子HP 端(はた)さんのコラム >>