人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
個展制作 ひとまず終了!
at 2021-02-25 01:34
福永明子HP
at 2021-02-25 00:58
インタビュー記事
at 2021-01-31 18:01
新年明けてました
at 2021-01-18 18:40
共晶点2020無事終わりました
at 2020-10-14 19:08
画像一覧


母また入院

時期が時期だけに投稿を控えていましたが、母が高熱を出し入院しました。
幸いコロナではありませんでした。

治療中の膠原病の薬の処方を段階的に切り替えている最中でしたので、その影響で感染症を起こしやすくなっており、はっきりとはしていませんがどうも膀胱炎からの発熱だったようです。
抗生剤の投与で2日ほどで熱は下がりましたが、検査を重ねて投薬の方針を決めていく為の入院となるようです。

とにかくコロナの影響で本人との面会も医師との面談もできないので、一週間経つのに未だはっきりしたことがわからないのがもどかしいです。


先週金曜日の朝、たまたま泊まりに来ていた姉が、母の様子が変だと起こしに来ました。朦朧とした様子で、熱はどんどん上がって、38.3℃。即病院へ!
今は、熱があるというと病院の建物の中には入れません。
外のテントで待機し、裏口から入って血液検査とCT。

どうやらコロナの可能性はなさそうということで待合の外れで午後の診察まで待っていると、だんだん元気になってきた母。
お腹が空いたと言ってアンパンを食べ、再度熱を計るとなんと平熱。
血液検査で炎症反応が見て取れましたが、まあ熱も下がったので、翌日の担当医の予約を入れて、処方された解熱剤も貰わずに帰ってきました。

姉が帰り、いつも通り一緒に夕飯の支度をして食べ始めると、箸を持つ手が止まってボーっとしたり、会話の受け答えがおかしくなってきて、まるで「崖の上のポニョ」がみるみる魚になってしまうように、刻一刻と様子が変になっていき、熱を計るとまたしても38.3℃。
急いで入浴し、今夜はそばで寝ようと決めて様子を見に行くと、なんと39℃!
上体を起こして水を飲ませるも、嚥下が出来ず口の端から全部こぼれてしまう。
これは脳がヤバいことになってる!水分摂れないと危険!

救急車呼ぼうかと訊くとイヤイヤと首を振るので、車で連れて行こうと、グッタリする母を着替えさせ、歩くこともできない母の足を一歩ずつ手で持って移動させ、汗まみれになりながらやっとの思いで玄関まで連れて行ったのですが、玄関の段差が降りられない。
負ぶろうとしたものの、母もろとも倒れそうになり、半泣きでギブアップ!
玄関で119番しました。

救急隊員3人が華麗なフットワークで運んでくれて、酸素吸入を施してくれて事なきを得ました。もっと早く呼んであげればよかった。
そうして病院に着いたのは午前4時前。点滴と酸素吸入で落ち着きました。

そのまま救急室脇の小部屋で、担当医の診察が始まる9時まで待機。
高熱の為か診察室には入らず、検査結果を見た担当医の指示でそのまま入院となりました。

入院手続きを終えて、看護師に「じゃ、荷物をお預かりします」と言われ、「え?病室に入れないんですか?なんの挨拶もしてないんですけど!」
前回の入院の時以上に、ほんとに「これが永の別れになるかもしれない」感がありました。
会わせてくれとしつこく粘って、何とか許可してもらいました。

朦朧としている母の手を握り、何度も謝りながら泣きました。
そして「吹き抜けロビーの下から手を振るから、そこの窓まで歩けるようになってね!」と言うとコックリ頷きました。

もう、あの明るいお転婆な母には二度と会えないのかもしれない。

冷蔵庫に入ってる母の好きな食べ物を見ては泣き、通い始めたデイサービスのために買ってあげた介護シューズを片付けて泣き、二日間泣き明かしました。
しかし3日目、母から何事もなかったかのように電話がかかってきました。
熱が下がった、入院した時は変だったらしいね!とか言って。
ちょっと拍子抜け。でも、本当に良かった。

吹き抜けロビーの窓まで歩いて私に手を振りたい!というのが、モチベーションになるならいいと思ってやらせてたのですが、スタッフに怒られたらしい。
入院する2、3日前から足の不自由さが増していたので、歩かせないことでそれがひどくなることが目下の不安ですが、入院中にバリアフリー工事とか考えないといけないかもしれません。

とりあえず母には酷暑の間は涼しい病院にいてもらって、私は今やるべきことをしっかりとやっていきます。





by acco_gluck | 2020-08-08 00:48 | Living | Comments(0)
<< 母退院 水 >>