人気ブログランキング | 話題のタグを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 07月
2022年 04月
2022年 01月
2021年 11月
2021年 08月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
あけましておめでとうございます
at 2023-01-03 18:22
福永明子HP
at 2023-01-03 16:47
松阪カルチャーストリート終了の旅
at 2022-11-23 22:18
共晶点 無事終了
at 2022-11-16 20:00
まちっと柏
at 2022-11-10 22:03
画像一覧


愛知とお伊勢参りの旅

先週土曜に私用で名古屋へ行ったあと、岡崎の妹宅へ6年ぶりに滞在してきた。
二世帯住宅を新築し、行く行くと言って早2年弱。やっと行けた。

着くなり、妹宅の20畳のリビングは宴会の準備。
なんでも旦那さんと同級生たちが応援して当選した市議会議員さんを囲むお疲れさん会と、そのお手伝いをした妹のご近所のママ友たちの合同忘年会だそうで。
その後、すぐ裏のママ友宅に移動し、今度は女子会(&子供会)。

私にとっては、ある種、カルチャーショックでもあった。
大人も子供も、昔ながらのご近所づきあいの、なんと強力なコミュニティ力。
そこに違和感無く馴染んでいる妹の適応能力に驚くとともに、私には主婦は絶対ムリ!という確信を新たにした(笑)。

6年生の天音と、4年生の日咲は、見違えるほどしっかりしていた。
愛知の管理教育は独特だと聞いたことはあるが、コミュニティの中での役割をきちんと担っている子供たちは、本当に頼もしい。
天音はもう私より足長いしさ。日本人の体型は完全に変異している。


翌日は伊勢神宮に参拝。旦那さんは酔いつぶれて起きなかったので、妹と姪たちと私の4人で、車で伊勢まで行くことにした。
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_2021247.jpg
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_2115812.jpg
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_2124784.jpg
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_2131060.jpg
外宮(げくう)は神気に充ちていて、本当に素晴らしかった。
やはりここは、日・火・タテのみ働きの、本来の神の宮だと直観した。
世界の平和への祈りをお捧げする時が今なのだと思い、それだけを祈ってきた。
伊勢神宮と出雲大社が共に遷宮を迎える2013年は、確かに何かが動くのだと、私は思っている。

そして、内宮。
伊勢、五十鈴川のイスという言霊を思いながら。
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_2131596.jpg
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_214348.jpg
愛知とお伊勢参りの旅_e0105782_214425.jpg
私が思うに、日本という国は、有史以前の遠い昔に散った世界の正しき粋が流れ流れて、一つに融合し昇華した地なのだということ。それがきちんと受け継がれているのが、天皇家であり、ここ伊勢なのだということ。

姪たちに、天照大御神や、その子孫である斎主としての天皇陛下の話をしたら、興味深そうに聞いていた。
天音は地元の日長神社で巫女舞をやったりしてるので、特に縁があるよう。

日本中の人々が死ぬまでにお伊勢参りを一度は果たしたいと願って、一生分の旅をした江戸時代を、まるで京都映画村のような観光地と化した内宮前のおかげ通りを歩きながら、なんだか羨ましく思った。
by acco_gluck | 2012-12-13 22:01 | Living | Comments(2)
Commented at 2012-12-15 17:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あっこ at 2012-12-16 23:59 x
こちらこそありがとうございました!
<< 天皇杯 燃え尽き症候群? >>