人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
ムクドリ大家族との生活
at 2019-06-07 22:02
アトリエ
at 2019-05-17 21:17
福永明子HP
at 2019-05-17 20:44
今年の桜
at 2019-04-07 18:49
はや一年
at 2019-03-19 01:28
画像一覧


ムクドリ大家族との生活

3月下旬のある朝、ピヨピヨという鳴き声で目が覚めた。
寝ている私と壁一枚隔てた、雨戸の戸袋から聞こえる。

私の寝ているベッドは窓に接しているので、常に雨戸を閉めっぱなしにしていて、明かり取りのために少しだけ開けてあったのだけど、どうやらその少しだけインしている雨戸の鉄板を階段がわりにしているらしき、親鳥の爪の引っ掻く音も。

日の出とともに、餌を採ってきた親鳥の爪の音と、我れ先にと欲しがる雛たちのヒステリックな合唱。
初めはピヨピヨだった声は、日毎に低く大きくなっていく。
この頃から寝るときに耳栓をしないといられないようになる。

様子を見たいけど窓を開けたら巣は壊れてしまうので、音だけで窺い知るのみ。
寒さで凍え死んでないかと思っていたある日、母が雨戸を開けてしまい(巣が壊れるとは思わずただの好奇心で)、心配したが声はするので大丈夫そうだった。

いつ巣立ってくれるのかと心待ちにしていた、5月中旬のある日。
産まれたてのピヨピヨが、またしても聞こえるじゃありませんか!

孵化第二弾? ってか孫? っつーか別世帯?
明らかに餌をやる親鳥増えてるし!音で察するに雛の数も半端ない。

日に日に増していく音量。耳栓してても煩いので高性能のをポチる。
巣の真下に停めてる白い愛車もフンだらけ。臭いも部屋の中まで漂うし。
ついにベッドをアトリエに移動。アトリエを他所で借りてて良かった。

最初は生き物は大切にね〜なんて微笑ましい感じだったけど、睡眠不足とストレスで体調悪くなるし、ダニを発見してブチ切れた日、業者さんに撤去を依頼。
が、ネットで調べたら、野鳥保護法とやらで無理な撤去はできなくて、巣立つまでは手出しできないと知り、ええい、もう存分に育ってくだされ!と観念した。

そんな私の波動を感じ取ったのか。
6月始め、鳴き声で目覚めることなく、久々に昼まで寝て気づいた。
あれ?もしかして、巣立った?
翌日も快眠から目覚め、静かなのを確認し心の中でガッツポーズ!
祝・巣立ち!🎉

即、業者さんに電話。
梅雨の始まりを告げた今日、巣の撤去をして頂いた。
e0105782_21240674.jpeg
e0105782_21232537.jpeg
業者さん撮影。お椀型の巣かと思いきや、戸袋全体に敷き詰められた藁。
何世帯住んでたんだ〜。
一度いっぺんに親鳥を5羽見たから、少なくとも3世帯はいたよね。

掃除機や高圧洗浄機で綺麗になって除菌もしてくれて、やっと一安心。
本当にありがとうございました!

雨漏り修理でお世話になった便利屋ホームサービスさん。
首都圏一帯OKらしいので、何かお困りの事があったらご紹介します。


今回産まれた雛たちが大人になって里帰り出産しないように、来年の春はバリケードを忘れないようにしよう。

雨戸を閉めっぱなしにしないで、日光で起きる生活をすればいいっていう、結局はそれですね。はい、がんばります。

さてっ。制作に集中です!


# by acco_gluck | 2019-06-07 22:02 | Living | Comments(0)

アトリエ

私の自宅のアトリエは六畳間なんだけど、作品や本棚があって、まあ狭い。

今回大きな作品を描きながら「も〜無理〜!」ってなって、近所の方が自宅の隣の空き家をアトリエで貸すわよと以前言って下さっていたのをふと思い出して、電話してみたら「どうぞ見に来て〜」と言って下さり、思い立ってから30分後には話が決まってしまいました。
早っ。思い立ったが吉日。

一週間後の今日、アトリエのお引っ越し。
これから2ヶ月半、車で7分のアトリエに通勤生活です。
e0105782_20593023.jpeg
全部が並べられる広さではないけど、養生シートで全面を覆って、快適な作業スペースになりました。
こういう作業してると、京都の能舞台のお仕事を思い出します。

そのおうちに出入りしている半ノラの三毛猫ちゃんが終始近くにいます。
e0105782_21092891.jpeg
初対面なのに抱かせてくれるし、庭で可愛い寝姿見せてくれるし、最高。
これからここに来る楽しみが増えました。
ただ作品の上を歩かれないように注意!

8月に出品する作品。あまり時間がないけど、頑張って描きます。
観て頂ける時にはまたご案内します。


# by acco_gluck | 2019-05-17 21:17 | Painting | Comments(0)

福永明子HP

http://acco-gluck.com
# by acco_gluck | 2019-05-17 20:44 | Painting | Comments(0)

今年の桜

開花が早かったのに花冷えが長引いて、なかなか満開にならなかった今年の桜。二週間過ぎてやっと気温が上がって満開に近くなったので、いつも描いている桜のスケッチ。
e0105782_18242726.jpeg
いつもより花のボリュームが少ないように思っていましたが案の定。
こんなに花びらが小さいのに無理矢理咲いてる…(涙)。
今年の春の寒さはお花たちにとってもほんとに辛かったでしょうねー。
こんな健気な姿見たら、今年の桜はイマイチだなんて言えないです。

でも本当に毎年描いてるシダレザクラも花数が少なくて淋しい。
また来年!って思うけど、一年のうちに描けるのはほんの数日。
今日は桜吹雪の中で、桜をあと何回描けるのかな、とふと思いました。
だからこそ万難を排して描かなければと。

そんな儚い花だから、きっと私たちは桜が大好きなのでしょう。

今年は大きな桜の作品を描く予定です。乞うご期待!



# by acco_gluck | 2019-04-07 18:49 | Painting | Comments(2)

はや一年

e0105782_00493392.jpg
京都の能舞台が京都新聞に掲載されたと、分林道治先生が送って下さいました。
3/14夕刊の一面。嬉しいです。
例年八坂神社で開催だった「さくら能」今年からこの真謡会館でされるそうです。
私の桜の作品も飾って下さるとのこと。

お披露目の舞台披きから早一年。
ついこの間のように思うけど、去年の自分のエキサイトぶりと今の自分がかけ離れているようにも思えて、不思議な感じ。

冬の間、とにかく体調が悪くて制作もままならない日々でした。
でもそんな時こそ花を描こうと思ってお花屋さんへ。フリージアを描きました。
e0105782_01074806.jpg
描いたあと、8個の蕾が全部開花コンプリート!これで気持ちも一気に開花。

いつも暦の啓蟄の3/6を境に、身も心も目覚めてきます。
これは冬眠から覚める哺乳類としての本能でしょうか。

日に日に春めいてお花がたくさん咲いてきました。
これから大忙しです。


# by acco_gluck | 2019-03-19 01:28 | Painting | Comments(0)

副鼻腔炎

健康が取り柄だと思ってたんですが、最近やたらと不調続きです。
そんなお年頃なんですかねー。

二週間寝込んでいました。今度は、急性副鼻腔炎です。


12月半ばから痛くなった頚椎症はお蔭様で少しずつ良くなり、手の痺れも軽減して頚椎カラーをしなくても絵が描けるようになった1月末のこと。

鼻風邪をひいて、左の鼻からすごい鼻水。擤みまくってたら鼻詰まりになるも、熱も身体の痛みもないので、インフルではなさそう。

でも人にうつしちゃ悪いと思い、教室の仕事を休み寝込む事にした。普通の風邪なら2日で治るので、大事な用事の前に治したくて。でも熱が出ない。
1日様子を見て、念の為用事をキャンセルした直後、発熱。38.5℃!

2日後熱は下がったものの、風邪と違ってスッキリしないし頭が痛い。
そして顔が痛い。目の奥と上の奥歯も痛い。熱も乱高下するし。
顔が痛いって何なのよ。で検索したら、副鼻腔炎そのもの。

副鼻腔ってなんやねんって思いましたよ。何このサイケデリックな形。
e0105782_22523728.jpeg
さすがに病院に行きました。CT撮ったら左の副鼻腔はほぼ埋まってました。
二週間分のお薬が出て、6日目にしてやっと落ち着いてきました。
あとは鼻水と痰として、汚いものを出し尽くします。

いやーしかし、ただの風邪だと侮ってはいけませんね。
花粉症からなる事も多いらしいので再発しないように気をつけないと。

仕事がひと段落して時間がある冬に、こうしてしっかりじっくり身体を休めることができてよかったと思います。
リセットと充電の季節。春の開花の準備です。


# by acco_gluck | 2019-02-13 23:46 | Living | Comments(0)

似顔絵のサイト作りました

e0105782_21454403.jpeg
似顔絵だけのホームページを作りました。
https://accogluck.wixsite.com/portrait

2年ほど前にホームページを新しくした時に、日本画のみのサイトにしたのですが、それまでチョコチョコと依頼があって、程良くお小遣いになっていた似顔絵のお仕事がパタッとなくなっていることに気づきまして。

日本画家としての私の画業とは区別していきたいので、別サイトにしました。

日本画では福永明子
似顔絵ではフクナガアキコ と致します。

ちなみにGLUCKとは(ドイツ語ではグリュック、英語発音だとグラック)、幸福という意味です。ドイツの姓で多いみたい。
二十代で京都にいた時、アメリカ人の友達が神戸の異人館でのホームパーティーに連れてってくれて、その住人である御老齢の男性がMr.Gluckでした。
そのグラックさんが戦時中から名乗っていた日本名が福永だという。
意味が同じだからだそう。Good luckの意味なんでしょうね。

そんな訳で、ずっとアッコ・グラックをアカウントにしています。

デッサン力を維持するために続けていた、柏二番街での週一回のテナントを辞めて4年になりますが、検索されてお問い合わせを頂くこともしばしば。
現場で描くことはイベント以外はほとんどありませんが、お写真をメール添付でお送り頂ければ作成いたします。

マンガタッチとリアルタッチがあります。
リアルタッチは写真次第というところがあって、スマホの写メはどうしても歪みが出るため、あまりオススメしていません。
マンガタッチといってもそこそこ写実的。結構好評なんですよ。
e0105782_22145003.jpeg
つい先日オランダのズヴォレに移籍した、レイソルの中山雄太選手がルーキーだった2015年のパーティーでプレゼントした時の写真。(涙)
それ以降も似顔絵のお姉さんとして憶えててくれて嬉しかったな。

もしご依頼がございましたら、上記リンクサイトのcontactからお気軽にお問い合わせ下さい。

《追記》
頚椎症、かなり治ってきました!
痛みはほぼなくなり、指が時々痺れるのみ。
ご心配をおかけしました!


# by acco_gluck | 2019-01-25 22:59 | Painting | Comments(0)

謹賀新年 と頚椎症その後

新年あけましておめでとうございます。
皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年も普段通りに絵を描いていて、気づいたら年越ししていました。

そして、頚椎症はというと。
アマゾンでポチった頚椎カラーをはめてみたら、なんとまあ楽チンなこと。
e0105782_21302184.jpeg
それでいい気になって小作品を描き始めたら、ちょっと無理するとやっぱり痛くなる。少し横になって休んでたら寝ちゃう。みたいな感じで、ぐうたらしながら過ごしていたら、少しずつ痛みは軽減してきて、指の痺れだけが気になる程度になりました。

年末は予約で一杯だった整形外科に今日やっと行ってきました。
まあ、またしても頚椎症を確認しただけなんですけどね。
MRIを撮ろうとしたら予約で埋まってしまっていたので、また来月痛みが続くようなら撮るということに。

痛みも日に日に弱まってきてるし、経験者の話を聞くと何ヶ月かで自然に良くなるようなので、注射や薬や牽引には頼らずに、神経の痛みに有効な栄養素を補いながら、様子を見ることにしました。

ほんとこれ、左手でよかった。
絵が描けることに感謝。
今生きてることに感謝。


# by acco_gluck | 2019-01-04 22:07 | Living | Comments(0)

続・掲載のお知らせ と頚椎症

e0105782_16180759.jpeg
e0105782_16184227.jpeg
先月に引き続き、アートコレクターズ1月号に載せて頂きました。
日本画特集号の中で若手作家の一人として、小さくですけど。

そんな時に私は、若手はならないであろう頚椎症性神経根症で七転八倒していました。
第六頚椎に出来た骨の棘が左の正中神経を刺激して、前回の個展の時にも左の人さし指が痺れたりしていました。
今回の方がコンを詰めて描いていたので案の定、半月ほど前に風邪をひいた日から神経が炎症を起こしたようで、胸部・肩甲骨内部・左腕が激痛。
あったかくして横になると楽なので、ずっと寝てました。
お蔭で少しずつ痛みはおさまり、今は指の痺れに移行してきた。

まあでも右手じゃなくてほんとによかった。絵が描けるから。
でも首は辛い。頚椎カラー買おうっと。


# by acco_gluck | 2018-12-25 17:15 | Painting | Comments(0)

掲載のお知らせ

今日発売のアートコレクターズ12月号に載せて頂きました。
e0105782_20505242.jpeg
e0105782_20501192.jpeg
阪急×アートコレクターズの企画展「ニュースター達の美術展2018」の特集記事です。
12/12〜17、大阪の阪急うめだギャラリーで展示です。

憧れの雑誌。初めてです。嬉しい。

来月号にも日本画の特集に載せて頂けるそうです。

お手に取る機会がございましたらご覧くださいませ。


# by acco_gluck | 2018-11-25 21:03 | Painting | Comments(0)