人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Akiko Fukunaga [Diary]
by acco_gluck
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日本画 福永明子
ホームページ
http://acco-gluck.com
カテゴリ
全体
Painting
Living
Music
Thinking
Football
未分類
以前の記事
2024年 02月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 07月
2022年 04月
2022年 01月
2021年 11月
2021年 08月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
最新の記事
福永明子HP
at 2024-02-25 23:53
個展「ひのもと」
at 2024-02-18 22:54
個展制作ひと段落
at 2024-02-05 23:43
共晶点 for M 終わりました
at 2023-11-15 16:50
能舞台鏡板製作の動画アップ
at 2023-11-02 14:20
画像一覧


福永明子HP

http://acco-gluck.com
# by acco_gluck | 2024-02-25 23:53 | Painting | Comments(0)

個展「ひのもと」

作品集とDMの発送がほぼ終わりました。
柏では、柏二番街いしど画材、kamonかしわインフォメーションセンターに置いて頂いております。
多くの方にお手に取って頂きたいと思います。
個展「ひのもと」_e0105782_21530795.jpeg
今回はDMと作品集の表紙の作品を違うものにして頂きました。
表紙はもう、桜って決まってきましたね。
これまでの個展作品集4冊の桜を並べると感慨深いものがあります。

DMになった「不二」は、40号×2の幅2mの大作です。
なななんと、2日半で一気呵成に描き上げました!
すごい集中力で、我ながら神がかってたなぁと思います。

4月末に山中湖に行ってきました。
窓一面に富士山が見える部屋からスケッチする予定が、終日雨100%😭
もう一泊することにして、午後から雨は止んだものの富士は見えず、仕方なく忍野八海に出かけた。
夕方宿に戻って窓の外を見ると、雲の切れ目から富士山が見えるようになり、すかさずスケッチ!
すると家々に灯りが点る頃、向こうで夕日に染まる高い雲が雲間から見えて、なんとも幻想的な風景が現れたのでした。
個展「ひのもと」_e0105782_21511955.jpeg
以下、作品集に掲載した私の想いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<ひのもと>

「敷島の 大和心を人問はば 朝日に匂ふ山さくら花」
本居宣長がそう詠んだように、山桜は日本人の精神性を現す花だと思います。

世界が大転換する最中にあって、日本の「和を以て尊しと為す」精神性こそが、世界の平和にとって重要な役割を担うことになると私は思っています。
まずは日本人が日本の素晴らしさと、この国に生まれた幸運に感謝し、自らを肯定して、悦びの人生を生ききること。
私は絵を描くことでそれを果たしていると感じています。

今回、初めて富士山を描きました。
富士には、日本の厳かな何かが存することを、私たちは無意識に感じ取っています。
その根源的な神霊のようなものを描きたい、描ける自分になりたいと願ってきました。
今まで畏れ多くて描けずにいましたが、「今こそ描かなければ」と思い立ちました。

ここから立ち昇る龍が世界を駆け巡り、世界に安寧がもたらされますように。
すべてが和合する、色とりどりの錦のような世界は、私たち一人一人の心が作り上げるのでしょう。

一介の画家として、その一助となれたら幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーー

先日、銀座柳画廊チャンネルにアップされる動画の撮影をしてきました。
インタビュアーは、アートテラー・とに〜 さん。
個展の初日にアップされる予定です。私も楽しみです。
個展「ひのもと」_e0105782_23010851.jpeg

# by acco_gluck | 2024-02-18 22:54 | Painting | Comments(0)

個展制作ひと段落

個展制作ひと段落_e0105782_23140656.jpeg
約2ヶ月半、ほぼ籠りきりで頑張りました。
共晶点が終わった時点で、予定していた出展数30点のうち13点しかできていなかったので、どうなることかと思っていましたが、あらゆる用事や仕事をセーブさせてもらい、制作に没頭しました。

今まで家事を任せられなかった母にも出来ることをしてもらったり、絵画教室も代講をお願いしたりと、たくさんの方のご協力があって出来たことでした。
みなさんありがとうございます。

個展は2/29〜3/10、銀座柳画廊で4度目となります。

写真撮影は、知人の紹介でカメラマンの穂刈麻衣さんにお願いしました。
とっても素晴らしく撮って下さいました。ありがとうございます❣️
新作の作品の写真も、私が撮るのとは別次元です!

画集は今週末に届く予定、順次発送させて頂きますね。

詳細は公開され次第、また追って投稿します。


# by acco_gluck | 2024-02-05 23:43 | Painting | Comments(0)

共晶点 for M 終わりました

12年目、5日間の共晶点が終わりました。
共晶点 for M 終わりました_e0105782_01535210.jpeg
初日の搬入が終わったところで、その場にいたメンバーで記念撮影!

ここに写っていない作家も含めて、全員の想いのベクトルが松隈さんのこの遺作に集約された、まさにこの写真の通りの、一体化した暖かな展示でした。


今年の2月に松隈さんが亡くなって、数日後にあるメンバーから知らせを受けた時、私はちょうど能舞台の仕事をしていました。
涙を堪えて描きながら、私は何ができるだろうかと考えました。

そうだ!最後に一緒に展示をやろう!
それが私たちにできる弔いであり、最高の餞になる。と思いました。

みんなが松隈さんへ捧ぐ作品を制作して、松隈さんのための展示「共晶点 for M」をやりたいと思うけど、どう思う?と、これまでの全ての作家に声を掛けると、5〜6年ぶりの作家も「松隈さんの為なら」と言って、皆さん続々と賛同してくれました。

松隈さんの奥様にも快諾いただき、夏に市原湖畔美術館に展示されていた遺作を、ぜひ出展して頂きたい!と懇願して、皆さんのご協力を頂いて大掛かりな搬入出や保険などをクリアして、実現した展示でした。
共晶点 for M 終わりました_e0105782_01120477.jpeg
共晶点 for M 終わりました_e0105782_01123256.jpeg
松隈健太朗「背を行く日」
共晶点 for M 終わりました_e0105782_01130850.jpeg
松隈健太朗「CHANT -聖歌-」

会場のBGMには松隈さんが大好きなレゲエが流れ、追悼展とは思えない明るい雰囲気で、松隈さんのお人柄そのままの、暖かな空間でした。
毎年観に来られる方々にも、今回の展示は本当に感動したと言われ、涙をこぼす方もたくさんおられました。

私はこれがやりたかったのでした。明るいお別れの会。
想いは形になるんだ!というのが、今回つくづく実感した私の感動でした。
共晶点 for M 終わりました_e0105782_01514232.jpeg
私は3点を出展しました。

左「宿生(すくせ)の花」30P

2017年に能舞台を手がけるにあたり、生業で植木屋さんをしていた松隈さんに松のことを詳しく教えてもらった思い出から、京都御所の老松を描きました。

右「はなむけ」6F

餞という言葉は、馬の鼻を向けることから出来たようですが、私は花を手向けて「行ってらっしゃい」の気持ちを込めたかったので、ひらがなにしました。

中央「うらら」8F

個展のために描いたものですが、会場の色合いを想像して、華やかに明るくなると思ったのと、松隈さんがこんな麗らかなところへ行けたらいいなあと思って出展しました。


最終日は、おしゃべり鑑賞会とアートラインかしわツアーがあり、500人以上のご来場がありました。
共晶点 for M 終わりました_e0105782_16282379.jpeg
ツアー参加の皆さんに、共晶点と今回の追悼展の説明をしている私。
搬出を前に集まった作家たちの声も聞けて、大変ご好評を頂きました。

来年はまた違う形になるだろうけれど、私たちの道は続きます。

さて、2/29〜3/10銀座柳画廊の個展への猛ダッシュが始まります❗️
画集の編集を逆算するとあと2ヶ月しかないのです💦

あ、YouTubeの銀座柳画廊チャンネルに、南青山の能舞台の動画がアップされました。
制作の様子は1月2月、インタビューは4月だったので、昔のように思えますが、とても好評です。よかったらご覧ください。


# by acco_gluck | 2023-11-15 16:50 | Painting | Comments(0)

能舞台鏡板製作の動画アップ

共晶点を前にしたこのタイミングで、3月に完成した能舞台の製作動画が銀座柳画廊の公式チャンネルにアップされました。
製作中の撮影が1月と2月(疲れが顔に出てる)、インタビューは4月。
なんだか遠い昔のようです。

やることがてんこ盛りすぎて、母がショートステイに行っている今日は、久々にガッツリ制作に集中です。
共晶点には2点のみの予定でしたが、もう一点描くことにしました。
間に合うかな⁉︎

明日はアートラインかしわの風物詩、ライブペインティング30vs30が、5年ぶりに開催されます。
制作と並行してこの準備もやってました😵描かないで運営に徹します。
11/3は晴れの特異日なので、楽しんできます。

また、共晶点の記事が、まちっと柏にもアップされました。


松隈さん祭り!って感じで、これも楽しみたいと思います。
レゲエをBGMに、みんなで明るく送りたいと思っています。

私はだいたい在廊していますが、朝イチが弱いのと、11(土)昼〜3時、12(日)午前中は不在です。


# by acco_gluck | 2023-11-02 14:20 | Painting | Comments(0)